2008年2月11日 (月)

なんて・・・

今日すごく素敵な言葉を知りました     

                                                    

人と接する時は暖かい春のように

仕事する時は燃える夏のように

考え事する時は澄んだ秋のように

自分と接する時は厳しい冬のように

                                              

こうやって生きていけたら良いなって思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年11月18日 (日)

限界

意外と作っていないつもりでも

自分の限界を

自分で作っているものだと思った

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月10日 (水)

私が存在して君が存在して出会った幸せ

昨日、友達と帰りに会って話しました

友達にも幸せがやってきたようです

その話を聞いた時

何ともいえない感情が溢れました

自分のことじゃないけど

素直な喜び

本当に良かったって思いました

偽善じゃないこんな感情を抱けることが

本当に幸せです

そういう出会いが出来たこともそうだけど

何よりも

そう思わせてくれる人が存在するっていうことが

幸せです

心配してくれる友達もいる

喜ばせてくれる友達もいる

最近、欝だったけど

本当に一気に消え去りました

大学で本当に良い出会いをしたと思います

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年8月25日 (土)

久しぶりに語ります

はい。勝手に語ります

しかも、MIXIにも同じの載せた

スルーしてOKです

というわけで
タイトルどおりです
変人だと思われそうで怖いけどウッシッシ
気にせずに勝手に書きます
話は脱線する可能性大

私は、かなりの日本文化大好きっ子です
騎士道より武士道が好きです
この傾向は小学校の頃からあります。
姉が中学の時に剣道部に入ったのもひとつの要因だと思うのですが高校では絶対に武道をやろうと思い演劇部に心を奪われかけたけど薙刀部に入りました。もちろん、1番の理由はかなり美人で格好良い先輩がいたからなんだけどあせあせ分かる人なら分かると思うけど。(高校時はそれで騒いでいたこともあるから)
そこで薙刀やっていくと演技がすごくやりがいがあるものになりました。演技で2人の空間を作るのがすごくおもしろいんです。初めて本当に空間を丸めることができた時は、それこそ気というものを練りあげられた時は雑音も聞こえないし相手しか空間にいない、真剣というものを知りました。それからは、気を作ることが趣味になっていきました。気を作り上げるのは好きになった一方、薙刀の方は人間関係とかでぐだぐだになってしまったけど(一時は薙刀自体を嫌いになりかけた)あせあせ(飛び散る汗)

ところで、武士道って神道や仏教や儒学から形成されていて一つかけたらその武士道は偽モノなんです。
それに気付いた高校2年の冬から、暇さえあればそういう本を片っ端らから読んでいました(勉強は?)
そのせいもあってか海外旅行するより遺跡巡りをしたいです。
幼稚園の頃から毎年1回は国内旅行をしていたけど全然わかっていなかったから勿体無いことしたと思って悔しいです。
今、個人的にしたいことは和歌山県に行くことです。私は静岡の人間ですが元を辿れば紀州藩士の家系で、しかもどこの流派もよくわかんないけど剣術は2刀流だったらしくて自分の中でかなり誇りで武士万歳と思っています。こんなことを思っているのは親戚の中で私だけだろうケドね。だからご先祖様の住んでいた場所に行ってみたいわけです。
話は飛ぶのですが、中学の頃に何故か能をやりたいと思う時期がありました。それからその気持ちは消えていたんですが、高校3年の夏にその気持ちが再発したんです。
だって、能ってかなり気を使いそうじゃないですか!!ないものを見せるんだよね?自分の周りの空気をいかにそれに近づけるかじゃないですか?これは、私の勝手な意見だから本当はどうかはしりません。だけど、私の目指す「凛とした人間」にちかづけると思っています。
大学から能をはじめて合宿から舞がはじまるからかなり楽しみです。だけど、能楽部に入って思ったことがあります。先輩がまだ新歓期間中に能の練習を見せてくれた時に「ひかないでね」って言ったんです。
なんで、そんな風に思っているのか理解できないです。何を恥ずかしがっているかが未だにわかりません。面白いとかつまらないとかの問題じゃないです。頑張ってやっているものとか日本の文化を恥ずかしがる理由がどこにあるのかがわかりません。能楽部は楽しいけどいまいち部活にノルことができないままです。

最近は、着物に興味があります。中学の時に着物屋に話を聞きに行った時に言われた言葉が今でも鮮明に残っています。「自国の民族衣装を自分で着ることができないのは日本人ぐらいだ」という言葉です。私もこの前やっと浴衣が着れるようになったぐらいです。しかも、まだ帯は自分でできない!!だから、いつかは日常的に堅苦しくない程度に着物を着れたら良いなって思っています。できたら浴衣を縫えたら良いなとも思っているけどいつになることやら・・・
何を言いたいか自分でもよくわかんなくなり始めたけど
私の目標は「凛とした人間」となること☆日本人らしい日本人になりたいです。歴史上の人物で言えば中野竹子みたいなひとですぴかぴか(新しい)
今は全然、だめな人間だからいろんな人と出会うことで自分の役割や価値を見出せたらなって思っています♪



書ききった☆読み返してみると書きたいこと支離滅裂に書いているね~。ここまで読んだ方は綺麗さっぱり忘れてくれちゃって良いです★

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年7月12日 (木)

大切な友達だからこそ

大切な友達が私は大学にはいます

その子は、同じサークルだった子で

今は、サークルやめちゃったけど

私の親友です。

その子のmixiを探して見つけたんです

それで、昔の日記も全部読んで

この一文がありました

「真剣に受け取ってくれる子は、自分の悩みを聞いて共有してくれるが、それはその子に自分と同じ辛い思いをさせるということだ。
真剣に受け取ってくれない相手だったなら、言った自分が傷つくだけだ、と。 」

これは、もしかしたらその子の考え方なのだろうか。

これが書かれたのは何ヶ月も前のこと

お互いの存在もしらないで生きていた時に

その子がその子の友達から聞いた言葉

この言葉はショックでした

それに納得したような親友の言葉も。

もし、その相手の人間ならば

大切な友達だからこそ、悩みも話してほしい。その痛みは1人で持つのが大変だったら2人で持てば半減する。それは、普通だったらかからない負担が1人にはかかるのだから気が引けるだろうけど。でも、相手はその悩みを知らなかったことに後悔すると思う。何故、気が付かなかったのかと。

そう思っているから、ショックでした。

でも、もっとショックだったのは

その親友の少し見せた悩みを見抜けなかった

自分の不甲斐無さ

この時読んだ日記は全然違う話だけど

あの子が悩んでいた時

一体、私は何をしていた??

辛いと言ってきたあの日

私は、上手く答えなかった

応援するって言ったのに心の中には蟠りがあった

サークルをやめたあの子が

BOXに来て私を親友だといってくれた時に

私は、幸せだった

初めて親友だといわれた。と

でも、

私は、あの子に見合うほどの何かをしてあげた?

一体、私は今まで何をしていたのだろう

今更、言い訳を言うつもりはないけど

でも、

過去のことで取り返しも付かないから

こんなことを言ってもしょうがないけど

私はあの子に謝りたい

多分、あの子は驚いた顔で「なんのこと?」

って言うだろうけど

でも・・・・・

| | トラックバック (1)

2007年6月18日 (月)

無題

私はまた間違ったことをしたかもしれない

でも、それは他人の秤

私は私の心に嘘をついたし 嘘をついていない

あの時は迷って悩んだけど

今は悩む時もあるけど迷いは無い

結果論としては

人を傷つけたし 傷つけなかった

それが良い判断なのかわからない

私はひどい人間だと思う

矛盾を感じるかもしれない

でも、それは私の立場にならなければ

私の出した結論を理解することなんてできない

決してわからない

だから、わかって貰おうとは思わない

理解して貰おうとも思わない

というか、理解も出来ないだろう

ただ時間が解決するのを待つ                                                                                           

最悪な奴

そう言われ嫌われてしまうのは

嫌だけど しょうがないことだとも思う

それなりのリスクがあったのは知っている

                                                                                         

前に一回ついた根も葉もない噂による不信による傷が

今回のことで大きな不信を呼ぶ種となるだろう

でも

他人が私を卑下しても

私は私を卑下しない

私が私を卑下したら

ただの自演の悲劇のヒロインになるだけ

そんな弱い人間にはなりたくない

言い訳もしたくない

私が私を嫌いなったら

私が私ではない

たとえ、信じて欲しい人が

私を信じなくても

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年6月14日 (木)

Carpedium

昨日の授業でアニメーションの発表をしました

そこで聞かれた

Carpediumの私の中での意味

昨日の授業では上手く言えなかったのですが

ここで書いておこうかなと思います                                                                                                                  

                                                                  

あの時は、当たり前で当たり前の幸せが分からなかった。

今になってあの時の当たり前の生活が私にとってどんなに重要なものか分かった。

当たり前すぎて何も感じなく時にはつまらないと思った。

当たり前の幸せさが分からなかったあの時の自分が憎らしい。

当たり前の幸せさが分からなかったあの時の私を不思議に思う。

当たり前のあの日々を当たり前に送っていたあの時に戻りたいと無理なのに願う私がいる。

だから、

今当たり前になりつつある新しい私の生活が本当はまぐれで偶然で奇跡なことを胸に刻み

 今この時を生きたい。そう、あの当たり前の日々を送っていた私のクラスの当たり前だった学級目標

           carpedium   今やっとこの意味が分かった

                                                                                                                 

                                                           

これは高1の春に書いたものです

少し悩んでいる時だったので

暗めな感じですが

carpediumは、今の私につながる言葉です

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2007年6月12日 (火)

無題

人間って単純だと思います

そういうところが

良いところであり悪いところなんだろうけど

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年6月 7日 (木)

幸せについて

今日は、2限目に隣になった子に語っちゃいました

幸せとは

私は、自分が今こうして生きていることが幸せだと思っています

もちろんその中で悩むし、悲しむし、辛いことがいっぱいあると思います

事実、えらそうに書いている私だって

悩んでいるし、苦しいです

でも、間違いなく自分は生かされているし

だれかに守られている

これは事実です

私も欲張りだから

目に見える大きな幸せを手にしたいと思っていますが

その前に、近くに散らばる

たくさんの小さな幸せに気づくことができなければ

大きな幸せはやってこないと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 7日 (月)

人のふり見て我がふり直せ

最近は語りたいので今日も

言葉シリーズで☆

私は、今気をつけていることがあります

人のふりみて我がふり直せ

友達で嫌だなと思うときは

大抵自分も同じことをしています

それを一つずつ直していけば

一歩理想像に近づいていると思います

それは、八方美人や優柔不断になってしまうから

注意していかなければならないけど

何よりも他人に注意される前に自分が気づく

性格にしろ 格好にしろ 何に関しても

それが一番大切なことだと思います

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧